中性脂肪の基準値とは?男性、女性で違うの?

中性脂肪の基準値は複数回、計る

中性脂肪の数値(TG)の基準値はご存知でしたか?
ワタシは高値安定状態が30年以上続いています。アナタは中性脂肪の数値はどうでしょうか?
数値がぶれていることありませんか?
身長なら、1センチも狂うことはめったにないのですが、中性脂肪の数値はよく変動しますね。

よくよく考えてみると、定期検診前日に飲酒をしてしまった、朝食を食べた後に採血したなどの、理由があるはずです。
それだけが変動理由ではないので、定期的に複数計ることで、ご自身の平均的数値を把握しましょう。

 

中性脂肪の基準値

☆日本動脈硬化学会の基準値

中性脂肪(トリグリセライド値・TG)の基準値は、30〜149mg/dl

☆人間ドッグ学会

[ip5_coloredbox color=”colored-box–green” width=””]

  • 男性の場合:39〜198mg/dl
  • 女性の場合:32〜134mg/dl

[/ip5_coloredbox]

 

日本動脈硬化学会の数値が一般的に広まっています。私の記憶では50〜149mg/dlでした。
つまり、小さな数値の変化を気にするのでなく、数値の推移を見ることで、基準値を前回より上回った方は再検査の必要も出てきます。

特に男性の場合、200mg/dlまで許容範囲であることが、人間ドッグ協会の基準では当てはまります。

女性の上限値はちょっと低いですね。ワタシ、初めて知ったのですが、中性脂肪の数値が低すぎる方もいらっしゃるようです。

やはり、どなたも基準値の範囲に収めたいものです。

そのためには、食事、運動、クスリ、サプリを上手に生かしていきたいです。

 

中性脂肪の高い・低い とは

  1. 中性脂肪の数値が30mg/dlを切ると低すぎます。
  2. 中性脂肪の数値が150mg/dlを超えると過剰
  3. 150~249mg/dlで要注意経過観察
  4. 250mg/dlを超えると要精密検査

 

      ↑

高すぎる中性脂肪

写真の方は危険水域です。

 

中性脂肪の数値が高い人が気をつけること

サイレントキラーはご存知ですか?
忍び寄る静かな殺人者です。そのくらい自覚症状のないものは怖いです。

殺人者と言ってもヒトではありません。生活習慣病にです。ちょっとオーバー目に言いましたが、そのくらいに思って、自覚して中性脂肪の改善に努めたほうがいいのです。

バタッと倒れて、虚血性心疾患(心不全や狭心症)脳梗塞で死ぬこともあります。

困ったことに、症状が悪化しても違う病気と間違えたり、自覚出来る症状が現れないため、命を落としかねない疾患に遭遇するまで、気がつかないケースが多いのです。

だから、サイレントキラーと言われます。

見えないものはわかりません。そして怖いものです。

 

以上が、中性脂肪の基準値が男性、女性で違う記事です。
毎年定期健診を受けて中性脂肪値などを確認しましょう。

中性脂肪の数値を改善するならイマークS

体の内側からキレイにするならベルタこうじ生酵素

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。