「スマホえんきん」と「えんきん」の違い

「スマホえんきん」と「えんきん」

スマホえんきんとは

 

「スマホえんきん」はスマホ老眼に悩む20代、30代、パソコンやスマホで目を酷使する人たちが対象です。

アントシアニンを配合した目の疲労緩和を意識して作られています。
そして、効き目の即効性も重視しています。

以前は、

(旧:ブルーベリー&DHA アイブライト)の名称でした。

ブルーベリーとDHAの効果で眼を輝かせる、明るくする、そんな意味ですかね?

今のほうが、直接的に消費者に訴えかえるいいネーミングです。
スマホで眼が疲れた方に、効果のある目に効くサプリです。

 ☆スマホえんきん=スマホ老眼対策☆

スマホで目が疲れたら、一度試してみたいサプリです。

 

 

えんきんとは

 

えんきんは、2015年6月に発売された大ヒット「目に効果が期待される」機能性表示食品です。

昨年末までに、累計売上個数514万個を突破したファンケルのサプリです。

1日1万個弱売れています。

えんきんは中高年の老眼に悩む人向けのサプリメントです

 ☆えんきん=老眼対策サプリです☆

40歳を過ぎると字が読みずらくなるひとがいます。えんきんはこのような40代以上を対象とした商品です。

 

 

 

スマホえんきんとえんきんの違い

[ip5_column size=”one-half” position=”first” ][ip5_coloredbox color=”colored-box–blue” width=””]

  1. スマホえんきん
  2. 対象:20代 30代スマホ,PCで疲れた方
  3. スマホ老眼、労眼の方へ
  4. 発売 2017年3月

[/ip5_coloredbox]
[/ip5_column][ip5_coloredbox color=”colored-box–red” width=””]

  1. えんきん
  2. 対象:40代 50代以上の目が悪くなってきた方
  3. 小さな字が見えずらくなった、老眼の方
  4. 発売 2015年5月

[/ip5_coloredbox]

 

 

 

スマホえんきんとえんきんどちらが飲みやすいの?

スマホえんきんは固形の粒です。一方、えんきんはカプセルです。

えんきんは噛むとカプセルが破れて、無臭、無味のエキスが口の中にひろがります。
それほど差がないのですが、若干、スマホえんきんのほうが小さいので、私にとってはスマホえんきんのほうが飲みやすいです。

問題はどちらが効き目があるかどうかです。

目に効くサプリは何かしら、常に毎日飲んでします。
継続しなければ、効果はないので、どちらとも3カ月以上飲めば、何となく疲れ目が減ったりします。世代によって、使う対象が分かれていますが、効果効能はご自身で判断してください。

 

老眼とスマホ老眼の違い

老眼

老眼とは、ピント調節の役割を果たす水晶体が加齢とともに固くなり、弾力性を失うことです。

カメラの望遠レンズを調節してピントを合わせますよね。あれを思い浮かべていただけるとイメージできるのではないでしょうか。

 

スマホ老眼

スマホ老眼は目の使い過ぎが原因です。使い過ぎで目の毛様体筋による遠近調節ができなくなってしまいます。

わかりやすく言うと、全力で走ったあとは、足の筋肉が疲れて、まっすぐに歩けないことがあります。それが目に起こるのです。

 

以上が、「スマホえんきん」と「えんきん」の違いです。どちらも初回購入は安いです。

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。